投資金ETFってなあに?

金ETFとは、2007年の8月10日に大証2部に上場した、金価格連動型投資信託のことをいいます。
金の値段に連動する債券に投資するという投資信託で、最低売買単位の10口で10グラムの金の取引価格と同じ計算になります。
金は株式市場では逆相関の値の動きになりやすい投資商品であるという特徴があります。
金といえば、金地金といった数千万円単位のお金を持っている富裕層の人しか手を出せない商品ばかりだったのですが、一般の人でも手軽に投資できる商品となったのが金ETFなのです。
有事の金のリスクヘッジを一般の投資家でも実践できるのが特徴です。