住宅ローンを考えている方に

将来に備え住宅のご購入を考えていらっしゃる方も多いと思います。
購入するには、まず住宅ローンを組まなくてはいけません。
住宅ローンは銀行のほかネットバンクや信用金庫などからも申し込みが出来ます。
住宅ローンを組むには、まず審査・金利・諸費用がかかります。
審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。
ローン金利は契約が終了した月の物が採用されます。
諸費用の計算は、借入金額によりますが数百万単が一般的です。
住宅購入を考えても自分の家になるまでこれらの用を済ませて行かないといけません。
自分の家になるまでには3.
4カ月の時間がかかります。
自分の家を購入する事はあこがれでもあります。
ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。
家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。
ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。
住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。
もしも、住宅ローンを返済中に失業してしまったら残りのお金をどう返済していけば良いのでしょうか。
トラブルが起こっても対処できるように備えましょう。
たとえ住宅ローン減税されたとしてもセレブリティな家を買おうとしたり住宅ローンの借入額を増やしたりすることはやめておいたほうがいいです。
今、どのような立場に自分が立っているのか確認します。
リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのかこれによって退職給付金の支給額が大きく変わるからです。
会社側の都合であれば、1年間は失業手当が出ますので新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。
しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので優先順位を考えて行動するようにしましょう。
「よし!住宅ローン減税あるし♪」・・・と、住宅ローンの借入額を増やしたりすることはやめておいたほうがいいです。